投資マンションの家賃相場を知る~大家さんになって賢く稼ぐ~

スマイル

転勤の間だけ賃貸に出す

オフィス

会社員にとって転勤は避けては通れない出来事です。特に、出世を考えているサラリーマンは、転勤を断れないといえます。とはいえ、転勤は平均5年で戻ってくることが多いといわれています。そのため、購入した住宅を売りに出すのは勿体ないと考える人が多くいます。しかし、転勤の間、家を留守にしておくと建物は急激に老朽化してしまいます。人が住んでいない建物はカビやほこりが溜まり、朽ちてしまうのです。また、その間ローンを支払い続ける必要があるため、転勤先での家賃支払いと合わせて二重の出費になります。そこで、近年流行っているのがリロケーションです。リロケーションとは、転勤で留守にする間、部屋や物件を賃貸に出すことをいいます。リロケーションなら転勤の間、家の老朽化を抑えることができ、さらに家賃収入が得られます。

リロケーションは、賃貸に出す期限をしっかりと設けることが大切です。予め転勤年数は定められているため、それに適した期限内でリロケーションをしましょう。また、最近ではリロケーションを専門にしている業者が増えています。一般的な賃貸物件として住居を貸し出すと、修繕費などの工事費用や入居者の家賃滞納などは全て自分たちで補う必要があります。しかし、リロケーション専門業者では、修繕費や家賃滞納時の保証がしっかりとしています。さまざまなことをサポートしてもらえるため安心して転勤することができるのです。自分の家がいくらで貸し出せるのか、家賃相場を知りたい人は、リロケーション専門業者に問い合わせをしましょう。見積もりからリロケーションに関する知識などを得ることができます。専門業者によっては、貸し出す前に室内の傷や汚れも修繕し、高い家賃相場を設定してくれるところもあります。信頼できるリロケーション業者を見つけましょう。