投資マンションの家賃相場を知る~大家さんになって賢く稼ぐ~

スマイル

収益物件の種類

家とお金

家賃収入で収益を得たいと考えている人は、収益物件を購入しましょう。日本にはさまざまな地域で収益物件が販売されています。特に大阪には質の高い収益物件が揃っているため、だれでも手軽に大家さんになることができるのです。収益物件には主に3つの種類があります。最も一般的なのが住居系の収益物件です。一般の住民が住まいとして借りるマンションやアパートのことをいいます。広さや間取り、立地などからターゲットを想定し、相場に適した家賃を設定しましょう。2つ目は企業をターゲットにする事務所系です。近年、大阪ではオフィスビルの需要が高まっています。法人が利用しやすい広さや設備が揃っている収益物件なら、満足な収入が得られます。また、法人は賃貸期間が長い傾向にあるので、安定した収益が予測されます。

3つ目がテナント系です。テナントとは倉庫や店舗のことをいいます。一般的に飲食店やコンビニ、セレクトショップなどは収益物件を賃貸して営業しています。テナントによっては法人が室内を工事することもあります。また、仮に貸し出していた店舗が閉店してしまった場合は、解体工事を施す必要があります。居抜き物件としてそのまま提供する方法もありますが、通常、次のテナントが決まるまでに時間がかかるといわれているので注意しましょう。立地によっては人気テナントになることもあります。以上、3つの収益物件の中から自分に適した種類を選ぶことが大切です。広さや間取り、立地などから収益性のある物件を選びましょう。大阪で収益物件を購入する際は、大阪にある不動産会社に相談すると適切です。